1本1000円以下《ディフェリン通販》にきび治療薬を個人輸入で購入

ニキビ対策におすすめのディフェリン

アダパレンジェルは、日本では「ディフェリン」として販売されているにきび治療薬です。

ディフェリンジェネリック

正規品100%保障・100%配達保障の
薬専門の個人輸入代理店ベストケンコーなので安心です。

全品送料無料!カード払いOK!

>>アバタレン(ディフェリン0.1%)の詳細はコチラ<<


ディフェリンの作用

 

ディフェリンは、「アダパレン」というビタミンA誘導体の成分を含んだ塗り薬で、
主にニキビ治療薬として広く使われている外用レチノイドです。
ビタミンA誘導体の外用剤としては、美容皮膚科で処方する「トレチノイン」が有名です。
そのため、ディフェリンはトレチノインと比較されることがありますが、その違いは副作用にあるといわれています。

1003012種の薬を同じ濃度で比べた場合、強い効果を発揮するトレチノインは肥厚した角質を剥がす作用があるため、肌が炎症を起こすなどの副作用が起こることもありますが、ディフェリンは表皮角質に作用するため、比較的副作用が少ない薬とされています。

大人ニキビに悩む方々の治療薬としてディフェリンゲル(アダパレンゲル)が知られるようになった理由には、このように市販薬で得ることのできなかった初期段階でのニキビ(白ニキビや黒ニキビ)の治療効果があることも考えられます。

ディフェリンは、毛穴をふさいでいる角質ができるのを抑える作用があるため、目に見えない極めて小さい毛穴のつまりやニキビ初期にできる白ニキビや黒ニキビに作用し、ニキビの進行を防ぎます。
また、初期のうちに治療することで、炎症をおこした赤いニキビを減らし、炎症の強いニキビへの進行を予防することができます。
以前できた深いニキビ跡を治したいという場合には効果はありませんので注意してください。

アダパレンは、ビタミンA誘導体と作用機序も似ているため、ニキビ以外の“美肌効果”や肌のシミやしわの改善にも期待されます。


ディフェリンの副作用

 

ディフェリンの成分アダパレンは、皮膚の角質の生成にはたらきかけてニキビなどを治療していくという作用があるため、
角質が薄くなりやすいという副作用があります。
ディフェリンの副作用の症状には個人差がありますが、一般的には使用開始の翌日から2週間後にあらわれることが多いようです。
通常、1ヶ月ほどで副作用は落ち着いてきますので、あきらめずぜひ治療を続けてください。

主な症状には次のようなものがあります。
乾燥・かさつき
(角質が薄くなる作用があり、肌を保護する機能や肌の水分が低下して乾燥しやすくなります)

ピリピリとした痛みや不快感・肌の熱感
(角質が薄くなるため外部からの刺激に敏感になります)

皮膚がポロポロと剥けてくる
(ターンオーバーを促進して古い角質を剥がしてます)

皮膚の赤み・かゆみ
(角質が薄くなるため、肌の内部が透けて赤く見えます)

角質が薄くなり、乾燥しやすい状態となっていますので、
できるだけ低刺激で保湿効果の高いクリームなどを塗布してください。
この副作用は、全体の80%の患者さんに認められます。
ディフェリンゲルを使用して発生する症状は、
薬の効果が現れてくることによって出てくる症状、
つまり治療目的であるニキビの改善に沿った症状です。

そのため、皮膚科医の間では、副作用とは呼ばずに随伴症状と呼ぶことが多くあります。

この副作用は「ニキビを治す」という目的の手前の通らなければいけない道なのです。
副作用の症状が悪化したり、緩和されない場合には医師や専門家に相談してください。
用法用量を変更して副作用の軽減を図りながら、治療を続けていくことが一般的です。

妊娠中または妊娠の可能性がある方、授乳中の方、以前に薬を使用してかゆみや発疹などの
アレルギー症状があらわれた方は使用しないでください。
また、乾燥肌や敏感肌の人には刺激が強すぎる場合がありますので注意が必要です。


ディフェリンの使用方法

 

使い方は、お休み前に、よく泡立てた洗顔料で顔を包み込むように優しく洗ってください。
この時に、顔をゴシゴシとこすらないようにしてください。
洗顔料を残さないように十分に洗い流した後、柔らかいタオルで軽く押さえるように水分を拭き取ってください。

額や顎、頬などニキビとその周辺に薄く伸ばすように塗布します。
目や唇、鼻翼を避けて塗布し、粘膜に付着しないように注意してください。

顔全体に対して大人の人差し指の先から第一関節くらいの長さを使用してください。
ディフェリンの使用は1日1回とし就寝前の使用のみとして下さい。
ディフェリンは日光に弱い薬なので、夜に塗布してください。

1日に2回塗布したり、1回に2回分使用することは避けてください。

塗り終わったら手を洗ってください。
ディフェリンの使用後は乾燥しやすい状態になりますので、
低刺激性保湿化粧品などで保湿を行ってください。

その際には、保湿後にディフェリンを塗布してください。

ディフェリンを使用した翌日の朝は、ディフェリンが顔に残らないようにしっかりと洗顔します。洗顔後はディフェリンの塗布は避け、皮膚がとても薄くなっている状態ですので保湿を十分行いましょう。


ディフェリンを美容外科で治療した場合の流れと治療費

 

1995年にフランスで販売が開始されたデフェリンゲルは、世界中でのべ2200万人の患者に処方されているニキビ治療薬です。
2008年10月に日本でも認可され、病院でも保険適応の薬として処方できるようになりました。

これによりディフェリンは、診察代や処方箋代と1本(約2週間分で15グラム入)が3割負担で500円程度を支払うことで以前よりも比較的安価に手に入れることが可能になったといえます。
ディファリンは最近認可された薬ですので、病院、診療所によっては取り扱っていない所もあります。事前に電話等で扱っているかどうかを確認することをお勧めします。
また、インターネットなどで個人輸入を利用することも方法のひとつかもしれません。


ディフェリンが浅いニキビ跡には効果があり深いニキビ跡には効果がない理由

 

皮膚は「表皮」「真皮」「皮下組織」からなり、
さらに表皮は一番内側から「基底層(きていそう)」「有棘層(ゆうきょくそう)」「顆粒層(かりゅうそう)」「角質層(かくしつそう)」と4層構造になっています。

一番内側の層である基底層から、表面の角質に向けて細胞分裂を繰り返して剥がれ落ちる新陳代謝を「ターンオーバー」と呼びます。

ディフェリンの含有成分アダパレンは、ターンオーバーを活性化したり、
毛穴に詰まった皮脂や老廃物を角質と一緒に剥がして排出させる効果があります。
つまり、ディフェリンは表皮角質に作用するため、
表皮で起きたトラブルであるニキビの治療や予防に有効的
だといえます。

古い角質が毛穴にふさがってできた白ニキビや、
毛穴に角質が詰まってできた黒ニキビ治療にディフェリンが使用される
のは、
このような理由からです。

一方、適切な治療を行わなかったり、無理につぶしてしまったニキビは、
真皮や皮脂組織といった皮膚の深いところまでダメージを与えてしまいます。

その結果深く残ってしまったクレーター跡や、シコリのようにデコボコしたニキビ跡には、
ディフェリンでの改善は難しい
のです。

大人にきび

皮膚分泌の過剰な10代ではない20代になってから現れてくるのが大人ニキビ

思春期ニキビと違って、この大人ニキビはストレスや睡眠不足などによるホルモンバランスの乱れや偏った食生活、ストレスなどが原因として挙げられます。
特に働き盛りの女性に多く見られます。

ホルモンバランスの崩れが原因のニキビは、顎下や口周りに出やすい傾向があり、痕が残りやすいので、触ったり潰したりは厳禁です。

肌を清潔にしておくことと、バランスの良い食生活、十分な保湿で予防改善が出来ます。

また、ストレスも原因の一つですのでストレッチなどの適度な運動や、入浴などでリラックスすることもニキビ対策には重要です。



ニキビ対策におすすめのディフェリン

アダパレンジェルは、日本では「ディフェリン」として販売されているにきび治療薬です。
ディフェリンジェネリック

正規品100%保障・100%配達保障の
薬専門の個人輸入代理店ベストケンコーなので安心です。

全品送料無料!カード払いOK!

>>アバタレン(ディフェリン0.1%)の詳細はコチラ<<



ニキビに悩む方の体験談

私はニキビには小学生5年生から悩んでいました。
顔はもちろん、首にもできていました。
今まではニキビをつぶしたり、痒いから市販の塗り薬を塗ったり、スクラブやピーリング剤も使いましたが、なかなかよくなりませんでした。

高校生になり、初めて皮膚科に行きました。
すると先生が「ニキビは、角栓が毛穴を塞いでしまうところから始まり、皮脂は毛穴から排出されますので、その出口を塞がれてしまうと、毛穴の中に溜まっていき、微小面皰というニキビの最初期の状態になります。
この状態になった後、さらに皮脂分泌が昂進してしまうと、皮脂が溜まっていき、白ニキビという状態になるわけです。
そして、もっと皮脂分泌が進むと、あなたの肌のように、黒ニキビや赤ニキビへ悪化してしまうので、まずは皮脂分泌を抑えることが重要です。」と言われました。

ですから私はまずは、脂性肌をケアするためには洗顔が大切だと思いましたので、ゴシゴシ洗って皮脂をこそげ落とすような方法は絶対にしないで、優しく泡立ててから顔を優しく洗っています。
強くこすってしまうと、肌表面の角質層が傷つけられてしまい、肌が本来持っているバリア機能が壊れてしまいます。
しかも肌バリアの機能が低下してしまうと、肌は表面を保護するために躍起になって多量の皮脂を分泌しますから、完全に逆効果になってしまうのです。
そこで、肌のバリア機能を高めるために、ニキビケア専門の先生に勧められた化粧水で保湿しています。
思春期のホルモン変動によりおこる尋常性ざ瘡(ニキビ)の特効薬という、ディフェリンというお薬も処方してもらいました。
背中ニキビ・大人ニキビの治療でも使用される薬のようです。

使い始めてすぐは、ひりひりして乾燥したような感じがあり、効かないのかな?と思いましたが、それを乗り越えると劇的な効果があり、その後長期間使用しました。

ディフェリンの他にも、強い殺菌作用のある抗菌剤ダラシンTゲルや、菌を殺し炎症を鎮める抗生物質アクアチム、抗炎症作用・血行促進作用があるヒルドイドローション、ディフェリンジェネリックのアダクレンジェルなど、様々な種類のお薬もあるようですので、自分に合ったお薬を見つけることが重要かもしれませんね。


次の記事 »